HOME>トピックス>大切な相手に贈る結婚指輪!素材の選び方

大切な相手に贈る結婚指輪!素材の選び方

新郎新婦

相手の雰囲気を考慮して選ぶと喜ばれる◎

婚約指輪は女性のみが身に着ける指輪ですが、結婚指輪は女性だけでなく男性も毎日身に着けるケースがほとんどです。毎日身に着ける事、そして男性女性がペアで身に着ける指輪という事を考えて、デザインや素材を吟味し結婚指輪は選ぶようにしましょう。ファッションや相手の雰囲気などを考慮して指輪のデザインや素材を選ぶと、喜ばれるケースが多いのでおすすめです。例えば可愛らしいファッションが好みの女性であれば、愛らしいピンクゴールドの指輪を好む傾向にあります。シンプルなファッションが好みであれば男性・女性共に、定番のプラチナを選んでおくと失敗する事はないでしょう。大切なパートナーに贈る大切な指輪となる結婚指輪、時間はかかるかもしれませんがデザインや素材を見極めて、最適なものを選ぶ事をおすすめします。

指輪

素材は何を考慮して選ぶべき?

国内で結婚指輪の素材として人気なのが、白く輝く姿が美しいプラチナで産出量が低く希少価値が高い金属として知られています。結婚指輪の素材を選ぶ際、資産価値の高さで考えるのであれば、国内で人気のプラチナを選ぶのも良いでしょう。ただ、指輪のアーム部分に使われる素材はプラチナ以外にも種類は色々とあるので、何を考慮して選ぶべきかポイントを押さえておく事もおすすめします。もし、結婚する相手の方が金属アレルギーである場合、プラチナやゴールドといった金属製の指輪だと、身に着ける事が出来ません。このような場合は、比較的金属アレルギーの心配が少ないチタンやジルコニウムといった金属の指輪がおすすめです。相手の事も考えた上で、一生に身に着けられる結婚指輪をチョイスできるよう、最適の素材を選ぶようにしましょう。